CNAとしてのお仕事&LPNを目指す日記


by may0521a

トマトが食べたい。

うちにはBというサンディエゴからやってきたおばーちゃんが入居している。

すごく小柄なおばーちゃんで、一日ほとんど睡眠に費やしている。ほんとすごい良く寝るの。

ワタシはこのおばーちゃんも大好きで、いつもあれこれ世話をしてしまうんだけど。

食も細くて~~


それも、あれこれうるさい。

”これは食べたくない”
とか
夕食なのに
”シリアル食べたい”とか。

夕食はサンドイッチにしてとかいうので、大体サンドイッチをキッチンで作ってあげます。

ワタシ、結構こういうResidentのちょっとした軽食つくるの好きでね、あれこれ冷蔵庫から探し出して、おいし~~いサンドイッチを作ろうとがんばっています!

この前、Bと話していたら”トマト食べたい、食べたい。サンドイッチに入れて欲しい”というのです。
なので、
”トマトはないんだよ”というと、”そう。。。”とちょっとさびしげだった。
赤いトマト、食べたいらしい.。。。

施設にいると、自分が食べたいものも制限されちゃう。やはりそういうところ、かわいそうだと思う。

なので、この前スーパーに行った時、ふと思い出してトマトを購入。私はアメリカのトマト大嫌いなんだけど。。。。まずいし。

施設に持っていって、サンドイッチを作る。

パンをトーストして、バターを両面に塗る。
ダブルチーズ&ダブルハム
トマトをスライスして乗っけて、そのサンドイッチを20秒レンジで温めると。。。。

チーズが溶け出して、めちゃくちゃおいしそうなサンドイッチになるの~~~(って、ただの普通のサンドイッチですけどね)

それを食べているBの横で、残りのトマトを塩振りながら食べてました。

”今日のサンドイッチ、どう?”と聞くと、

”トマト買ってきてくれたの?すごい、すごいおいしい~~ありがとう!”といわれました。

念願のトマト食べれて良かったね~と思いました。

あ、うちの施設はこういう食べ物もかってきてあげて良いんです。
お金請求できるんですよ。。。。ってトマトの請求は安すぎでしませんけど。
[PR]
# by may0521a | 2008-03-16 00:09 | 学校

お気をつけください。

Yは、出張かねて日本でビザの更新をしています。

今までは、数日で送られてきたビザなのですが、最近制度が変わったらしく、10日ぐらいかかるそうですよ。
(日本で更新の場合)

Yは、アメリカには火曜日に帰ってくるのですが、そのままSalt Lake cityで仕事なので、
火曜日に帰れないかもみたいな、こといってました。

HRには、”APでにゅうこくすればいい!!!”
と言われたらしいのですが、どうしてもビザが欲しいらしくてねぇ。。。

結局、大使館にお願いしたら、4日でくれましたが。(取りに行ったらしいです)
なので、これからビザを取りにいくかたは、日にちの余裕を持っていかれたほうがいいと思います。

ちなみに、ワタシは夏に。。。。と思っていますが、ビザを持つ本人の更新処理が終わっていると、配偶者のほうは今までどおり数日で送られてくるそうです。
[PR]
# by may0521a | 2008-03-14 23:16 | GCはやくくれっ!

Sheep brain 解剖

今日は、羊の脳の解剖のLabでした。

今までLabとはいえ、実験らしいものはしたことがないんだけど、ようやく初解剖。

っていうか、個人的には、別にしなくてもいいと思う。
今はコンピューターグラフィックとか写真でも綺麗でわかりやすいしね。


羊の脳みそはおもったより小さくて、臭くなかった。。。。

切るときの感触がなんともいえない。。。

クラスもとうとう18人から9人になったので、一人一個の脳みそが与えられた。

先生が言うには”この脳は、これのために羊が殺されたわけではないですから”と言っていた。

そりゃ、そうでしょ。”一応”Animal Activistの端くれのワタシには、ちょっと敏感なところですから。。。。


月曜に新しいFosterの犬が来て、ちょっと2匹の犬の面倒をみるので大変になった。
昨日も動物病院などに連れて行くので往復を2回。
今日はうちのAceを病院に連れて行く。

今日はとってもいいお天気で、気温は摂氏10度になる予定。

あたたか~~~いい。


午後と夜はのんびりと思ったけど、昨日病気の同僚のかわりに働いてといわれて、今日は午後6時から働かなくてはいけなくなりました。。。。

最近、なんかお疲れ気味。
[PR]
# by may0521a | 2008-03-14 03:09 | 学校
ワタシがガッコうの実験室で座っている席の周りは、めちゃくちゃ若い学生ばかり、20歳ぐらいの人たち。
彼女たちと話していると、時々ちょっと悲しくなる。

みんなRN志望なのだが、
ある一人が言うには
”ワタシ、オムツなんて触れない~”
”老人なんて触れない~”

もう一人の子が”じゃあ、そういう状況になったら、CNAにBuzzだね!”なんて言っていた。
その中で、私ともう一人はCNAなんだけど、ちょっと苦笑してしまったね。

そんなナースサイアク。みたいな。

でもね、彼女たちを責められない。

だって、ワタシもそのぐらいの年はそんな風に思ってた。

ワタシは福祉学科の大学だったんだけど、その頃、老人施設に見学に行って、
なんか、オムツ臭い。。。とか
老人のご飯食べている姿がきもい!とか。
オムツかえるなんて、もってのほか!

そんな感じで、さっさと”綺麗な”児童福祉のゼミに入った。

しかしながら、今は、自分もその頃よりも年を取って、いろんなことも経験してきた。
そして、”誰にも老いはさけられないのだ”ということを実感している。
今は、赤ちゃんでも、誰でも、老人になるのだ。

そして、老人ホームでも、病院でも、みるものは同じ。
”人間の裏の部分”なのだ。

体の機能が弱くなっていたり、老いていたり。。。
はっきりいって、うんちとか尿とか、分泌物とか、ほんと汚い部分。
でも、それも人間で、年を取れば誰しも経験することなのだ。

その学生たちが言ったことは、私も昔はそう思っていたので、まったく責めるつもりはない。

彼女たちも、きっとワタシと同じように将来思うときが来るのかな。。。(っていうか、こないとだめでしょ!)と思ったのでした。
[PR]
# by may0521a | 2008-03-12 02:44 | CNA

子に勝る介護なし。。。

仕事をしてから一年。考えてみると、結構な数のResidentたちが亡くなっていきました。
この施設で亡くなるというのはめったにないんですが、だんだんやはり弱っていくんですよね。それで、転んだり、歩けなくなったり、そんなことで、うちは歩ける人しか受けいれできないので、となりの老人ホームに移され、そこに行くと結構すぐに亡くなってしまうのです。

Vという女性のおばーちゃんはこの施設OPEN時の3年前ぐらいからいる人で、4人の娘さんがかわるがわるよく母親に会いに来る、とても恵まれたおばーちゃんです。
でも、アルツハイマーは結構進んでいて、いつも自分がどこにいるかわからない状況。

ワタシは、このVというおばーちゃん、結構好きでね、よく仕事するとなにかと世話を焼いてしまいます。でも、このおばーちゃんも悪いけど”もう長くないかも。。。”と思うときも結構あって。

まず、食欲が落ちてくるんですよね。。。。
そして、歩くのも結構困難になる。Vは土曜日、軽いStrokeになってね。ほんと、軽いんだけど、もうずっと寝ちゃって、パジャマに着替えさせるのも、2人がかり。

そんなVを心配していたのですが、昨日仕事に行ったら、おとといより良くなったけど、ほんともう寝たきり。というか、起きて、何かをする、歩く、という状況じゃないのです。
もし、歩けなくなっても、うちはホスピスケアを受け入れるので、ホスピスナースが常時いてくれれば、この施設にいてもいいんだけど。

昨日は長女の娘さん(J)で、うちの施設にナースとして働いていた人なんだけど、その人がきてね、
自分の母親の様子を見に来たんです。

で、Vがご飯もあまり食べてないからといって、母親をダイニングに連れてきて、夕食を食べさせて、自分は本棚にあった本をご飯を食べている母親に朗読しているの。

その光景がやはりとても感動的でね。
一口一口スプーンを口に運ぶVに、声をかけて、見守って、なんと、Vは夕食を完食したの。
おとといはご飯もたべれないという状況だったのに。

その光景を見て、
やはり
娘(子供)に勝る介護なし!

と思ったのでした.。。。

CNAがいくら時間をかけても、やさしく接しても、Jには勝てないね。
Vも、とても愛情深くて、いつも子供の心配をしている。(彼女の中では、子供はまだちいさいとおもっている)自分はよろよろなのに、そんな時も、最後は
”子供たちはベッドで寝てるかな?”聞くのだ。

”ダイジョウブ。み~んな、ベッドで寝てるよ”というと安心して寝る。

そんなV親子の光景を見て、ほんとワタシは親不孝者だな。。。。と。
こんな遠くに来てしまって、もしかしたらおかーさんの死に目にも会えないかも。
でも、最近は、

どんなことをしていても、もし、おかーさんが、こういう状況になったら、最後の何ヶ月かは日本に戻って、こういう風に介護してあげたいなと思ったのでした。
[PR]
# by may0521a | 2008-03-10 23:55 | CNA