CNAとしてのお仕事&LPNを目指す日記


by may0521a

<   2007年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ほんとはどっち?

以前、ESLをPassしたので、英語のテストを受けなければいけないといわれたけど、じつは受けなくていいと言われたと書きました。

テスト日は今週の木曜なんだけど、遅ればせながらキャンセルの電話をしました。
すると、「あなたはNursingの生徒なんだから、ESLの授業が終わっても英語のテストを受けてPassしなくちゃだめよ」と電話を受けた女性が言った。
またかよ~と思って、「だ~か~らぁ、うちのESLの先生がボスにダブルチェックしてくれてうけなくていいことがわかったんだってば」というと、「誰が言ったの??Nursingの生徒はみんな合格しないと、Admissionのプロセスに進めないわよ」と言い張る。

もうね~、ほんとこの学校イヤ。聞くたび、み~~んな言うこと違うの。
今回ESLの授業受けるのにも、AdmissionのOfficeが言うこと、NursingのDepertmentが言うこと、まったく違う。
「あのね~私、もうみんな違うこというのに飽き飽きしてるんですよ!」といってやると、「それはESLの方がNursingの事わかってないから」という。
テスト受けなくていいって言われて天国だったのに。いきなり地獄。

いったい真相はどっちなの??


その女性が言うには、「ボスに確かめるから、かけなおすわ」というので、もうあきらめ半分で待ってたら、ちょうど電話に出れないときにそのボスからじきじき電話がかかってきてました。
すると、
「Hi,Akiko~。あなたはもうクラスをパスしているからテストは受けなくてもいいわ~。あなたのNursingのプロセスは進んでいるから心配しないで!」とのこと。(何かのときの証拠として、このメッセージ残しておきます!)
ほっとしましたけど、どうしてこうみんな言うこと違うんだろう??

アメリカって、ほんとみんないい加減な気がする。以前州立大学でもDegreeをとろうとしていたのだが、カウンセラーのいうことがほんといい加減で、ほぼ半年以上たっても、私の卒業した大学の単位交換がされていず、ぶちきれてやめてしまった。(今思うと、Nursingに進むのでやめてよかったと思う)
日本で私が通っていた大学のほうははるかにちゃんとしていたし、事務員の対応も親切丁寧、的確で、明確だったと思うが・・・

とにかく、テストは受けなくていいらしいが、ちょっと「また受けなきゃいけないの?」とどきどきしました。
[PR]
by may0521a | 2007-05-31 10:16 | 学校
今日はメモリアル・デーでした。戦没者記念日です。
今日、出勤だったのですが、施設内はメモリアルデーのために、赤、青、白のデコレーションや花で飾られたり、入居者のウォーーカー(歩行補助具)には、小さなアメリカ国旗の旗がつけられていたりしていました。
また、もと軍人の方もいるので、その方は家族と地元のメモリアルデーの式に参加してきたり。
うちの同僚も、普段は着てないアメリカ国旗のスクラブ着てたりと、なんか愛国心いっぱいな日だった。
また、アクティビティとして、メモリアルデーの歴史を紹介したり、私も、「へ~なるほど~」と思ったりもした。

働くようになってから、アメリカの文化というものをとっても身近に感じるようになった今日この頃。
たとえば、今日もそう。メモリアルデーなんて、私は、知っていたけど、自分には全く関係なく、アメリカ人にとってこの日がどんな大切な日であるかなんか知らなかった。しかし、今日のように、アメリカ人のなか、アメリカ社会の中に入ると、あ、こういう日で、アメリカ人にはとても大切なんだなぁとしみじみと感じる。名前は知っているけど、実際に体験した?という感じ。

それに、うちはよく歌のアクティビティのときは、アメリカ国家を歌ったり、God Bless Americaを歌うと、自分は歌詞を知らないんだけど、「あ、自分って、アメリカで働いてるんだ!」と気づかされる。

働くことは、いい事も悪いこともあるが、私みたいな、日本人家族だと、アメリカ文化を身近に感じれることはよいことだな・・と思う。今更??遅い!(笑)
[PR]
by may0521a | 2007-05-29 13:00 | CNA
自分の週末仕事休みと、一回金曜をお休みして、久々に休暇をとってきました。

久しぶりの休暇、ラスベガスに行きました!

何度行っても楽しいラスベガス、もう、病み付きですね。


でもね、前半はほんとサイアクでですね、この休みを取るのもかなり大変だったのです。

というのは、なんといっても、うちの施設のスケジュール管理に問題あり!と思うのです。
だって、自分が休む場合、自分で代わりの人を見つけなければならない!ということなのです。

そんなん、普通なのかね・・・?
それも、私の場合、一ヵ月半前から、この予定を立てておりまして、事前にわかっている場合、自分でみつける必要なしと説明を受けていたので、まったく何もしなかったら、スケジュールに私のバケーションが「出」になっておりまして、聞くと、スケジュール調整の人が大変なので、自分で見つける制度になったとのことで、バケーション一週間前から代わりに出てくれる人を探しまくっていたのです・・・

もう、バケーション前は焦っていました。んで、結局見つかったのですが、なかなか本人と直接話せず、メモ残しとか、メッセージ残しでやり取りしていたので、本当に金曜日(私が休んでるとき)来てくれるか、ほんと心配で・・・もう、もう、バケーションどころではなかったのです。(けっきょく来てくれたようです)

プラス、電話をONにしておくと、電話が結構入ってくるんですよ。ボスから「研修があるんだけど」とか、スケジュールの人から「来週の水曜のことなんだけど」とか、また、CNAクラスの時のクラスメートのKatieから留守電が2回も入ってたり・・・
もう、なにかあったかとドキドキしちゃうので、思い切って携帯Offにしました。でも、なんか、気になったりして、楽しい時間をすごせても、なんか気になってしまい・・・


後半は、もう、楽しめたのですがね、なんか前半があまりにも・・・

でも、休む場合自分で探すのは、結構大変ですよ~
同じシフトの同僚に電話かけまくるんですよ!

こんなんで、冬には日本に少し帰ろうかと思っているのに。。。気が重いなぁ。見つかるかなぁ・・・?今から心配です。。。。
[PR]
by may0521a | 2007-05-28 08:38 | CNA

女の園

CNA(ナースもそうだが)は、ほとんど女性がなっている職業だ。まあ、男性も時にはいるが少数派だと思う。
うちのグループホームは男性も大歓迎らしいが、なぜか女性しかいない。

考えると、私って女ばかりの環境が人生にとって大半だと思う。
中学から女子高に通い、付属じゃないけど、女子大に行き、その後生保の事務をしたが、そこも女ばかり。某クレジット会社の事務もバイトで一年半ぐらいしたが、そこも女ばかり。

そして、今回自分が選んだところ(分野)も、女ばかり。

女ばかりが集まるとどうなるか・・・これって、全世界共通のようだ。
もちろん、噂話、愚痴。(笑)

私は、新人だし、貝のように黙って口を出さないが、聞いていると、「○○はどうだ」とか、「××はなまけている」とか、そんなんばかり。

まあ、女ってこういうの好きだしね。私だって、日本では同期とかとはよくそんな話してたよ。(笑)
「あいつ、むかつく!」とか。ははっ。

まあ、自分が言われないようにはしないと!と思っている。
自慢じゃないが、だてにずっと女ばかりの環境にいたわけではない。すこしは、そういう世界での自分の身の守り方とかわきまえ方とか、わかっているつもりだ。
なので、タイセツなのは、「誰がこの施設でボス格なのか」など、よくみておかないと。
あんまり、こう考えるのは嫌なのだが、いろいろ同僚の格付けみたいのをよく聞いて、わきまえないと、仕事する上で大変だと思う。

あ~疲れる・・・
[PR]
by may0521a | 2007-05-22 05:13 | CNA
木曜から連続4日間勤務です・・・。

今日は夜シフト交代のとき、夏だけ働きに来てくれる方がオリエンテーションで働きに来ておりました。彼女は州立大のナーシングの生徒で、夏は皆バケーションなどで休むため、そういう穴を埋めてくれる人を雇ってくれたのですが、その人が彼女Lです。

見た瞬間、「うわ~かわいい~(顔が)」と思いました。まだ大学3年生なのですが、なんというか、とても控えめで、でもしっかりしてそうで。
最近朝シフトに新しいCNAが入ったのですが、態度もふてぶてしく、シフト交代の時も、「あ、ごめん、食器洗ってな~~い。怒っていいよ~」などという、でかい態度のKとはえらい違いです。
(笑)

州立のナーシングの生徒なんて、頭いいんだろうな~なんてちょっと尊敬のまなざし。。。
私もLPNに入りたいんだ~なんて軽く雑談していました。

彼女も出身はここらへんなので、私と同じガッコウに行きたかったらしいのですが、Waiting List3年待ちといわれ、州立大に進むことにしたようです。

私も、Nursingを視野に入れるようになって知ったのですが、RNと呼ばれる正看護婦にも二つありまして、大学出のNurseとうちのようなコミカレ出身Nurseがあります。
私も、どう違うのかなと思っていたのですが、どうやら給料は一緒のようです。ただ、やはり大学出は、上に立っていくようなNurseになるみたいな感じ。出世するとでもいうのでしょうか?
プラス、専門性も高い分野で働く方が多いと、先生は言ってましたけど・・・
(うちの州ではですよ)

ふ~~んという感じですが、コミカレを出たNurseもその後もっと勉強したいとか、大学のDegreeが欲しいということで、大学に編入する人も結構多いですね。

ちなみにLによると79人で始めたクラスも今では50人ちょっと。厳しくて多くの人がいなくなっていくそうです・・
[PR]
by may0521a | 2007-05-20 02:45 | その他
あなたにとって、3つとてもタイセツなものを3つ思い浮かべろといわれたら、何が思い浮かぶだろうか?

3つといわず、タイセツなものはたくさんある。
自分のおかーさん。
Y(だんなさん)
Ace(自分の犬)
お金
快適なうち
どこでもいける車

・・・・など等。

そのタイセツなものが、自分からどんどん無くなったらどう思うだろうか?
きっとすごい悲しいと思う。それらを失った悲しみはきっと想像できないだろう。そして、それを思い出しては涙したりするだろう。

うちの老人ホームにいる人たちは、彼らにとってとてもタイセツなものを失って、今、ここに住んでいる。
だんなさんや奥さんを亡くして、自分のうちも手放し、セキュリティのしっかりした施設で、自分の行きたいところも行けず、ご飯も皆と一緒で、ある程度自由はあるものの、基本的に決まった時間にご飯を食べ、ありとあらゆる自由を失っている。

そのうえ、彼らは認知症なので、記憶というものも失いかけている。
自分の配偶者が死んだことも忘れて、自分が家を離れてここに住んでいることも忘れていたら、きっと、すごい心配だろう。「自分の娘はどこにいるのか?」「なんで、ここにすんでいるのか?」「なんで、配偶者はいないのか?迎えに来てくれないのか?」「なんで、知らない人たちが自分の周りにいるのか?」

そうなったら、きっと泣き出したいぐらい不安で、家に帰りたい!と思うのも当然だ。


・・・・・この話は、昨日の夜一ヶ月に一回の全体Meetingでボスが話してくれたことだ。一応、認知症やアルツハイマーについては勉強しているものの、実際に入居者のお世話をして、わかっているつもりだったが、時に、とても大変なときもあって、ちょっと忘れかけていた。
「あ~もう、また泣き出しちゃったよ!」とか、「あ~、もう今日って大変すぎ!」とか、自分サイドに立ってしか最近考えられてなかったから、認知症やアルツハイマーのケアについて、また考えさせられるいいきっかけになったと思う。
これからも、きっと「大変!」「サイアク!」と思うこともあるだろうし、はなしをでっちあげてうまく仕事をすすめられるようにすることにはまったく変わりないと思うけど、昨日の話を頭のかたすみに入れて、入居者の寂しさや不安も理解できるようにしたいなと思った。
[PR]
by may0521a | 2007-05-18 23:16 | CNA

英語の勉強。

先日、ESLの生徒は英語のテストにPassしないといけないと書きましたが、昨日ESLの先生から電話があり、ナーシングの生徒もESLのクラスをPassで終われば、テストは受けなくていいということが、わかり、急激にほっとしました。

ということは一ヶ月、お休みですね。やった~。

今日はお休みなのですが、ポイント6(2週間に6日働く)で働いてるお気楽なはずなのに、お休みの日はほんといろんなことをしたくて、時間が足りません。

お休みの日は、たまっている家事をしたり、ジムで運動もしたい、犬たちをDog Parkに連れて行きたい、お昼寝もちょっとしたい、ちょっと買い物に行きたい・・・などと考えているとお休みの日の24時間とはあっという間です。

テスト勉強しなくてよくなったものの、やはり英語の勉強をしないと!と思っています。

アメリカにCNAやナースとして働いている日本人の方々はたくさんいるものの、どうして皆英語に問題ないのかな~ととっても不思議でうらやましくもあります。
まあ、でも、ほとんどがアメリカ人のだんな様を持った方々なんだろうな~とおもい、じゃ、英語はOKだろうな~と語学面ではうらやましいです。
まあ、考えると、うちが特殊なケースで、駐在じゃなく、ローカルスタッフとして働いている日本人の奥さんでナースになろうなんていう人は少ないと思いますので。

そんなことでうらやましがってもしょうがない。
ちょっと試したい英語勉強方法はあるのですが、「さあ、やるか!」という気を起こすまで大変・・・

でも、なにもしないとやはり英語は伸びないですよね。仕事しているだけじゃなぁ・・
[PR]
by may0521a | 2007-05-17 03:22 | 英語

でっちあげ。

今、参加しているシェパードレスキューからの犬をFosterしているのですが、その犬の名前を、私が働いている施設のResidentの名前から取ったんです。(かわいいから~)

今日は、そのResidentがいる館で働いていて、おまけに、ちょっとその方、今日は認知症が激しくて、目が離せない状態。なので、しょっちゅう、「○○!」と呼ぶのですが、呼ぶ度、うちのFoster犬を思い出す・・・また、そのResidentの方が、私を慕ってくれて、「こっちきて、座って」とか、部屋から、たびたび出てきて、私のところにやってくるので、まさに施設でも、うちでも、同じ名前の方にかなり慕われています・・・(Foster犬も、家の中どこでもついてくる・・・)

ところで、私はアルツハイマー専門の施設で働いているのですが、認知症が激しい方も何人かいます。その方たちの、認知症が激しくなると、まさに、激務。
80歳なのに、自分未だ20歳と言い張る人、
ここからでて、自分の家に帰る!と言い張って泣き出す人。
2階に行くといってきかない人。(うちは2階も地下もありません!)
車で州都まですぐいかなきゃいけないから、ここから出してくれ!と騒ぐ人。
大学の授業に間に合わないから、はやくここからでなきゃ!という人。
ありとあらゆるパターンがあります!

そういう方たちを静めて、パジャマに着替えさせて寝かせたり、夕ご飯の席につかせたり、するのはほんと用意ではありません。
そういう時は、ありとあらゆる話をでっち上げるのですが、でっち上げをつくるこっちも大変なのです。
出たがる人たちを「今、すごい大雪が降っててね、道路が封鎖されているから出れないの!」とか、「今日はあなたはここにとまらなきゃいけないのよ。私が明日、家族の所まで連れて行くことになっているの。私は隣の部屋で寝ているし、明日は朝5時おきで私が運転するから、早く寝てもらわないとこっちが困るの!」とか、
私を見ると、第2次世界大戦を思い出す、おじいちゃんは、もう、私を見ると軍隊用語。
「なんで、お前がここにいるんだ!サージェントに聞いて来い!」とか・・・(もう、げんなりです・・・)そういうときは、「サージェントから命令されてここに派遣されました!あなたの面倒を見るようにいわれました!」と言ったり・・・

ほんと、ありとあらゆるでっちあげの話を、認知症の方の話に合わせて、仕事ができるようにする。ま、これも、時と場合によって、時には、真実のことをいったりもして、納得させるようにするし、
(たとえば、あなたはここに住んでいるの!とか、あなたは今81歳なの!とか)

時にはでっち上げの話をつくってうまくあちらを納得させるようにする。

時に、自分って、何いってるんだろ?と思うけど・・・でも、そのときはほんと、必死。

やっぱ、認知症の方のケア、大変です・・・
[PR]
by may0521a | 2007-05-15 13:49 | CNA

おお~~気持ちいい~

ハンドソープかってきてくれた同僚が、今度は新しいシューズを履いてました。
きくと、ユニフォームショップで買った医療従事者用のシューズなんだって。
この手の靴、結構はやったよね、前。かわいいと思うけど、履き心地はどうなんだろ~って思ってた。
「それって履き心地はどうなの?」ときくと「はいてみな」と言われ、履いてみると!

なんと、空を歩いてみるぐらい(どんなかんじかわからないけど)、かる~~~いのだ!

さすが、医療従事者用?

ゴムなので軽い上、中敷もたいした中敷ではないが、心地よいこと限りなし!

それも10ドルよ、10ドル!


早速頼んで、昨日のお仕事で持ってきてもらいました。

ただね~色がね。写真の青とクロと白しかないの。(後にピンクもあることが発覚)


私は青なんだけど、ピンクもかわいいっぽいらしい。

早速これで仕事しましたが、やっぱいいね。軽いし、疲れにくい。
うちは、とにかく歩く!(ってCNAはどこも同じ?)今度万歩計つけちゃおうかなみたいな感じでよく歩きます。また、モーションセンサーという(ベッドから入居者がでたりしたときアラームがなる)機械がなると、ダッシュで駆けつけたりもするので、シューズはタイセツ~。
同僚は本日15足のシューズを持ってきてました。皆に頼まれたそう。(笑)
うちの施設これが流行りそう。

もう一つ付け加えるなら、スクラブのズボンに隠れて前しか見えないの。後ろとかストラップがかわいいから、それを見せたいんだけど。。。って、仕事用なんですけど!

f0131310_071272.jpg

[PR]
by may0521a | 2007-05-13 00:07 | CNA

春セメ終了・・・

今日で春セメスターが終わりました。
今回は、ESLと数学なので、余裕で終わることができました。

今日から夏セメがはじまるまで、のんびりすごそうと思っていました。


・・・がっ!

なんと、ESL終わったら、ナーシングのESLの生徒は、テストを受けなくてはいけなくて、これに合格しないといけないことが今更ながら発覚。。。


終わった日から、文法と読解の練習問題を開くハメになってしまいました。
合格ラインがかなり高くて、些細なミスが許されない感じなので、びびっています。。。

ナーシング以外のプログラムは、ESLの授業を終了すればOKなのに・・・
やっぱり、ナーシングはそういうところ厳しいみたい。
でも、このブログに来てくれる他の方の話を聞くと、入学もうちは結構甘いみたいなので、これくらいはしょうがないかなと思っています。

「準備できてません!」といって、テストの日を今月末にしてもらいましたが、
なんかやはり入るまで苦労しそうです・・・


f0131310_23564549.jpg


ガッコウも一ヶ月こなくていい!やった~。
うちのガッコウのビルは新しくてキレイ~
[PR]
by may0521a | 2007-05-12 23:58 | 学校