CNAとしてのお仕事&LPNを目指す日記


by may0521a

カテゴリ:CNA( 90 )

金返せ。

最近こっちらへんめっちゃ天気悪いし、寒いし~な感じです。
今日も小雨よりももうちょっとミスト状の雨が朝からずっと降っていました。

2時から仕事だったんですが、1時半ごろふと”車のカギあるよなぁ?”と思って探したのですが、なぜかどこにも見当たらず・・・

今日は朝に犬2匹車で公園まで連れてった以外外出してなくて、それも帰ったときに車のカギはテーブルの上においた記憶がある。。。

あせって捜したが、どこにもない。昼にご飯食べに帰ってきただんなさんがまちがって、私の車のカギも持っていったにちがいない!と思い携帯に電話するも、でない。

2時からの仕事に、大体1時47分ごろ車で出発する。急な坂を上って、下って、約7分の通勤時間だが、歩くとなると20~25分はかかるだろう。

だんなさんの携帯がつながらないし、いつつながるかもわからないので、しょうがなく、20分前に焦って走ってうちを出る。

焦る理由は、うちの施設は2週間のペイピリオドなのだが、その2週間の勤務のなかで、遅刻、早退、休んだりすると、パーフェクトアテンダンスボーナスというのがひかれてしまう。つまり、今回遅刻すると、この2週間働いた分、すべて一時間あたり50~70セント引かれる。たった50セントでも、このボーナスがないと、25ドルとか30ドルも給料が少なくなる。大きいよ、それ。

相変わらず霧状の雨で、うちには傘がなかったが、そんなのお構いなしに走った。
時間と携帯を気にしながら走って、丘の頂上まできて、もう間に合わないと判断。だんなさんは相変わらず電話でないし、しょうがないので仕事場に電話。たぶん、すっごい息切れてたからすごい電話だったと思う。

”Akikoですけど、ハァハァ、だんなさんが間違って私の車の、ハァハァ、カギをもってっちゃって、ハァハァ…。5分か10分遅れます”みたいな。(笑)

結局5分遅れてPunch in。


これから仕事するってのに、汗びっしょりだし、25分あるいて疲れたし、ボーナスもなくなったし・・・で、疲れたよ。
休み時間にだんなさんに電話すると
”カギあったよ”というので”どこに~?”と聞くと、
”持ってた・・・・”とか言ってほんとむかついたよ。こんな馬鹿いるの??

もちろん、ボーナス分はだんなさんに返してもらいますよ。
こんなに薄給なのに・・・
[PR]
by may0521a | 2007-11-21 15:04 | CNA

痴呆症が悪化したら。

今日も仕事で疲れ果てました・・・


Lというじゃーちゃん、痴呆症度MAX。
半年ほど前に入居した人で、75歳という比較的若い方なんです。来た当初はマイルドな痴呆症だったのに、最近の進行度合いといったら。。。そして、なかでもこの2.3日はMAX。

もう言葉がわからないですよ。で、ケアも拒否。
昨日の夕食時も、めっちゃくちゃでケチャップのかかったナプキンを頭からかぶる、人のコップをとる、立ち上がって食べる・・・

そして、極度の徘徊。。。

何を言っても、従ってくれず、しつこいと怒りだす始末。薬を飲ませようにもどうにも飲まない、アイスにいれても、プディングにいれても、薬をペッと吐き出してしまうのです。

もうどうにもこうにもいかず、娘さんにきてもらってましたが、帰ってしまうとほんとお手上げ状態でした。
誰も手をつけられず、昨晩はERに送り込みました。。。というのも、痴呆症の方は、どこかいたくても自分で訴えられないので、もしかしたら体のどこかわるいのかもということなんですけど。

昨日はCNAみんな疲れ果てた夜で、シフト時間が何倍にも感じられたのです。
で、Lさんは結局Physicalな面は大丈夫ということで、早々に帰ってきたのですが、
ほんとうに申し訳ないけど、ほんとがっかり。もう、並大抵じゃないのですよ。ケアが。

今日もベッドをめっちゃくちゃに何度もして、徘徊、靴を片方はいて、片方裸足、トイレに行ってくれないので、パンツは濡れてるし、もう、みんなため息。

無理やりやれば?とおもうかもしれないんですが、そうすると暴力ちっくになっちゃう方、叫びだす人もいてね、そこらへんはほんと難しいの。CNAは自分の安全は守らないといけないしさ。

シフト最後で、やっとやっとパンツを変えて、ベッドに寝かせたけど、ベテランの人でも、25分かかったよ。
なので、今日もすっごい疲れた。。。。

こういう人は、これがつづくとうちでの受け入れは無理。隣の大型老人ホーム行きです。すると、もう薬で抑えられちゃうから、もう植物人間状態なんだよね。こういうのが大体痴呆症の症状が悪化した場合の末路なのです。

悲しいと思うけど、うちらもほんと限界。

夕食の彼の騒ぎを見て、ほかの入居者が、一言

”It's sad....But, it may happen to anybody”と言っていたけど、ほんとそうだよね。
[PR]
by may0521a | 2007-11-18 14:05 | CNA

Angelが見える。

この前話したとおり、うちにはホスピスケア受けているResidentがいる。
その中のGというじいちゃんは、私をみると第2次世界大戦を思い出すらしい。
”お前、なんでここにいるんだ。隊長の許可はもらったのか?”などといったりする。

時には、私を毛嫌いするが、時には、”世話してくれてありがとうなぁ~~”とか、
”お前の名前はなんていうんだ?(PhotoIDの名前を見て)ああ、あきゃこ?あきと?あぎご?”などと笑わせてくれる。

そんなGは、元気そうに見えても実は癌だったりして、一日のほとんどをベッドで寝ているのだが、ご飯時はうちらが食堂までつれてくる。

ほとんど寝ているGは、時々チェックで部屋を見ると、壁を向いてしきりに話したりしている。とか、誰もいない部屋の隅に向かって話しかけたり。

同僚は”また、Angelと話してるわ”という。
死にいく人には、よく先になくなった知人や家族、友達が訪れるという。また、Angelが見えるという。 Angelというのが、そういう人たちをさすのか、それとも、本当にAngelをさすのかは不明だが、その”Angel”という言い方に、”やっぱアメリカだわぁ~~~~”と思う。

そんなGは、ほぼ毎日Angelと話している。
確かに死に行く人なのかもしれないが、Gはうちの施設の中でもやはり強烈なキャラ。私は時には嫌われたり、ケアするにも、ぎゃーぎゃーいわれて大変だが、Gがいなくなったらさびしくなると思う。
まだ、AngelにはGを連れて行ってもらいたくないなあと思うこのごろ。
[PR]
by may0521a | 2007-11-08 01:04 | CNA

今日もネガティブ。

今日も愚痴です。(笑)

スリランカ人の同僚がやめることになった。
もともとエンジニアのマスターを持っている。なんで今までCNAやっていたのか?と思うが、2年うちで働いた後、この前GEでエンジニアとして働くことになった。
(いいな~~~)

この前その同僚Yがうちに来て話をしていたのだが、彼女いわく、
”やはり英語が第二外国語だから、うちらは下に見られている”といっていて、まったくその通りと実感することも多かったから、びっくり。

私も、自分の国では、一応他人から”下に見られる”ことなんてなかった気がする。
なのに、やはり外国で暮らす、働くっていうのはこういうこともあるのかなぁ。
Yの話を聞くと、私よりもすごい人種差別発言を同僚にされていたりした(!)。

人生、そんなもんです。私も自分で選んで住んでいる外国なのだから、いろいろ悔しいことも悲しいことも、もちろん嬉しいこともいっぱいあるよね。
[PR]
by may0521a | 2007-11-07 14:08 | CNA

ここががんばりどき?

最近うちの施設はめっちゃくちゃで、4人も急にやめることになった。。。小さい施設なので、4人いなくなると穴はでかい。

うちは2Week noticeなのだが、2週間は過ぎるのは早い。募集から面接、契約、オリエンという一連のプロセスに、2週間はどうなのか。。。

4人のうち、一人は解雇。3ヶ月ぐらい前に働き出したファンキーなひとだった。(笑)
あえて解雇理由はだれにも聞いてないけど、やはりResidentに対するVerbal Abuseかなぁ。そこぐらいまでじゃないと、うちのボスもなかなか解雇までの決断はしないだろう。

もう一人は、2ヶ月前働き出した50代ぐらいの方で、なんとやめる理由は、
”死んでいく人たちを見ていく覚悟ができていない”という理由。うちには何人かそういうResidentがいる。寝ている時間が圧倒的におおいが、ご飯のときやなにかあるときは、うちらがアシストしているので、立ったり歩いたり、結構普通。ただ、ほかの人と違うのは、週に1~2回、外からホスピスナースが来る。
なので、死にいくひと・・・といっても、”もうすぐ死んじゃうのかな”という感じがまったくしない。

なのに、そのCNAはその覚悟ができてない・・・だと。
っていうか、Health Care従事者に”患者やResidentの死”って避けられないものじゃないか?と思うが。それに、あんた老人ホームなんて、老人なんだからさ~そりゃだれか死ぬでしょっていう感じで、驚きよりも”あほか”と思う。まあ、やめたい理由として無理に考えたのか?とも疑うけど。

そんな感じで、やめる人、そして、こっちにもしわ寄せが・・・とか、そのほかにも最近うちの施設は人間関係の内紛がいろいろあって、私もストレスがたまりまくっている。

みんなたまっていると思う。
おとといは、仕事後同僚とマックに行き、日ごろの鬱憤をはらすべくぎゃーぎゃーと愚痴っていて、気づいたらもう夜11時半!急いで帰ったけど、すっきりした~
でも、同僚も結構ストレスたまっているなあとおもいました。

だんなさんは”やめちゃえば?”とまた簡単に言うけど、私にとってはじめてのCNAとしての職場なので、いまは我慢して、信頼できる職歴を作るべく、ここにLPNになれるまでいようと思う。アメリカって、次の職場に変わるとき、以前の職場のボスからのReferenceなどひつようなときもあるので、やはりちゃんと仕事して、次につなげるように。。。と思っているし。
それに、なんだかんだいっても、うちはほかよりもいいっていううわさ。
どこの職場にもいろいろあるもんね~
職場の状況も変わるかもしれないし、ここはがんばらないと!
[PR]
by may0521a | 2007-11-06 04:03 | CNA

ちょっと衝撃。

先週の土曜日、だんなさんの同僚の奥さんで私のお友達でもある方が、出産したので、病院にいってきました。

実は、アメリカで総合病院のような大きい病院にいくのははじめてだ。
クリニックなどは、アレルギーとかで時々行くけど。


一応、CNAとして、ちょっと興味津々。

病室にいって、お友達と話していると、ナースらしき人が来た。目が悪いので、その人のネームタグが見れないからタイトルはわからなかったけど。

そしたら、だんなさんの同僚が私のことを”ナースになりたいんだよ”と言ったので、ちょっとお話するきっかけができた。

聞いてみると、その人はCNAだった。でも、ナーシングスクールにいっているので、来年RNになるらしいが。

私が注目したのは、彼女のしていること。
血液検査みたいなのをしていた!

ナーシングホームで働く私はやったこともない!!!!

ナーシングホーム、それも小人数のナーシングホームに勤めているので、病気になる人などはほんと時々しかないし、世話する人を割り当てられるわけでもないので、だいたいおばちゃんたちに仕切られて、そういうことをさせてもらえたり、教えてもらうこともない。(最近、そういうのが不満になりつつある)

病院って違うんだなぁ!ということにちょっと衝撃!

今まで、もしLPNになれたとしてもナーシングホームで働きたいなと思っていたけど、ちょっと病院ということも気になってきたかなぁ。

まあ、実習は病院でも行われるので、いろいろ経験していい選択ができたらいいなと思う。
[PR]
by may0521a | 2007-10-23 11:14 | CNA

PJ Party

今日は、施設でパジャマパーティーがありました。
パジャマパーティーは文字通り、パジャマを着てこなきゃいけないパーティーです。
同僚が2ヶ月前から企画して、Residentに一人ひとり新しいパジャマのズボンを作ったんです。すごくないですか?

私は、Offの週でしたけど、ボランティアできました。
今回は働いてないので、カメラを持っていきました。
来年1月日本に一年ぶりに帰りたいので、両親や友達にアメリカの老人ホームってこういう感じだよ~ということを見せたくて、写真とりまくっていました。


私も、この日のためにパジャマのズボンを買いましたよ。
家族の方も招待されたパーティーだったので、結構人数おおくてにぎやかなパーティーでした。

f0131310_672714.jpg

パーティーでは、同僚の一人がStory tellingをしてくれたりしました。これがまた面白かった~

f0131310_614243.jpg


どうですか?にぎやかでしょ?

f0131310_6143910.jpg


孫というか、もうここにいるResidentはひ孫が普通~って感じ。
でも、家族でこういうところで一緒に過ごせるっていいですよね。この方たちも、娘さんとそのお孫さんなんですよ。
今回家族が来てない方もいましたけど、ちょっとさびしいですよね。そういう方たちは私たちがお相手します!

f0131310_6151058.jpg


ポルカの音楽が流れて、ダンスタイム。
うちは、ほんと人数少ないしアットホームな感じの施設。家族の方もよく来てくれる方は、ほかのResidentにも気にかけてくれて、一緒に踊ったりもしてくれました。

f0131310_617383.jpg


最後は、みんなで輪になって踊りました。

f0131310_6181698.jpg


私は、ダンスとか苦手なんですが、最後のだけ参加しました。
この写真に写ってますね。どこにいるかは、もう明白。(笑)
真っ黒な髪のアジア人ですから。(笑)
[PR]
by may0521a | 2007-10-15 06:23 | CNA

同僚に教えられたこと。

先週は金曜日から日曜まで3日連続仕事だった。

加えて月曜日、Chemistryのテストもあり、朝おきて、犬の世話をし午前中は勉強し、2時から仕事に行き、10時に帰り、長時間留守番していた犬のストレスを発散すべく、外で遊び、また夜11時半ごろから勉強し、1時ごろ寝るという日が3日続いた。

さすがに毎日疲れました。なので、仕事場でも結構無口だったのかもしれない。。。

同僚に呼ばれ、行ってみると
”今日大丈夫?なんか怒ってる?”と聞かれた。
なので、”なんで?誰に怒るの?ぜんぜん大丈夫だよ”
と言ったけど、疲れて無表情になっていたのか、怒っていると勘違いされていた。

私は、一緒に働く人でMoodyなやつが一番嫌いだ。
人の表情や受け答えなどで、一緒に働いていれば、この人今日機嫌がわるいとかいいとかすぐわかる。そういう人と働くと、かなりそれだけで疲れるものだ。

だから、自分では知らず知らず単に疲れていただけだけど、同僚には不快な思いをさせていたかもしれない。。。
自分がいやなことは人にはしない。当然のことだ。

なので、気をつけようと思った日でした。それにしても気づかせてくれた同僚に感謝。

(でも疲れているときは、無理に笑顔作るのも疲れるなぁ。。。)
[PR]
by may0521a | 2007-10-11 01:01 | CNA

100歳の誕生日!

10月4日は、うちのResident(女性)のDの誕生日です。

な、なんと100歳!!!


すごくないですか?


日本は平均寿命アメリカより高いので、最近100歳と聞いても、あまり驚かなくなりましたけど、ここはアメリカですよ。
それに、100歳の人なんて聞くけど身近にいます??

私はいませんから、ただただびっくりです。

うちは歩ける人しかいない施設なので、彼女はもちろん歩けるし、アクティビティにも積極的。カードゲームなどすると、わかってないなぁとか、耳が遠いなあと思いますけど、明るくて、ほんとSweetなおばあちゃんです。

100歳ということで、いつもよりもすごい量のカードやバルーン、お花でお部屋は埋め尽くされていました。

誰からも愛されているおばあちゃんで、よく親戚の人、年下らしきお友達、そしてお子さん(といっても、息子さんもかなりおじいちゃんで隣の大型老人ホームにいます)が頻繁に訪ねてくるのです。
これも、人徳なのだなぁと思いますね。

いつも、私たちにも感謝とやさしい言葉を忘れません。

こうだと長生きもしてみるもんだと思いますが、

私の場合”孤独死”が予想されますので(笑)、リタイアまで働いたら、3年後ぐらいに人生の幕を閉じたいです。(笑)

今週の地元紙のSunday paperにはこのおばあちゃんの写真とちょっとした記事が載るらしいです。
全国ネットのToday's Showでも、100歳以上の方を写真と短いコメントで紹介するコーナーがあるんですが、これにも紹介されて欲しいと思う私です。
[PR]
by may0521a | 2007-10-07 02:00 | CNA

贅沢?

ほんと私は恵まれているんだけど、うちの施設はOverStaffだ。

もともと24人を4人のCNAで見るのだが(各館12人)、最近いろいろ施設の体制が変わってきて、各館2人のCNAから3人体制になりつつある。

だが、今でさえ、8時半ぐらいから、仕事が終わってしまい、テレビや雑誌を読んで10時まで(いつもじゃないけど)いるのに、3人体制になるとよるケアが一人当たり3人ぐらいなので(Independentな人もいるから)、8時前に終わってしまう。


個人的に忙しく動き回っているほうが好きな私。
だって、時間に追われて”あれもやらなきゃ”とか考えて仕事しているほうが、時間が早く過ぎるし、そのほうが”今日も働いたなぁ”と思えるし。2人だと、ちょうど9時半ごろ終わって、チャートしてると、すぐ10時になる。

なので、本音としては、”いや~いいんじゃん?2人体制で”という感じ。

よく、老人ホームは人手が足りないというけど、今度違うところで働くときは(病院かホームかはわからないが)、そこそこの忙しさのところにしたいなぁなどと贅沢なことを思ってしまいました。
[PR]
by may0521a | 2007-09-25 07:06 | CNA