CNAとしてのお仕事&LPNを目指す日記


by may0521a

カテゴリ:CNA( 90 )

子に勝る介護なし。。。

仕事をしてから一年。考えてみると、結構な数のResidentたちが亡くなっていきました。
この施設で亡くなるというのはめったにないんですが、だんだんやはり弱っていくんですよね。それで、転んだり、歩けなくなったり、そんなことで、うちは歩ける人しか受けいれできないので、となりの老人ホームに移され、そこに行くと結構すぐに亡くなってしまうのです。

Vという女性のおばーちゃんはこの施設OPEN時の3年前ぐらいからいる人で、4人の娘さんがかわるがわるよく母親に会いに来る、とても恵まれたおばーちゃんです。
でも、アルツハイマーは結構進んでいて、いつも自分がどこにいるかわからない状況。

ワタシは、このVというおばーちゃん、結構好きでね、よく仕事するとなにかと世話を焼いてしまいます。でも、このおばーちゃんも悪いけど”もう長くないかも。。。”と思うときも結構あって。

まず、食欲が落ちてくるんですよね。。。。
そして、歩くのも結構困難になる。Vは土曜日、軽いStrokeになってね。ほんと、軽いんだけど、もうずっと寝ちゃって、パジャマに着替えさせるのも、2人がかり。

そんなVを心配していたのですが、昨日仕事に行ったら、おとといより良くなったけど、ほんともう寝たきり。というか、起きて、何かをする、歩く、という状況じゃないのです。
もし、歩けなくなっても、うちはホスピスケアを受け入れるので、ホスピスナースが常時いてくれれば、この施設にいてもいいんだけど。

昨日は長女の娘さん(J)で、うちの施設にナースとして働いていた人なんだけど、その人がきてね、
自分の母親の様子を見に来たんです。

で、Vがご飯もあまり食べてないからといって、母親をダイニングに連れてきて、夕食を食べさせて、自分は本棚にあった本をご飯を食べている母親に朗読しているの。

その光景がやはりとても感動的でね。
一口一口スプーンを口に運ぶVに、声をかけて、見守って、なんと、Vは夕食を完食したの。
おとといはご飯もたべれないという状況だったのに。

その光景を見て、
やはり
娘(子供)に勝る介護なし!

と思ったのでした.。。。

CNAがいくら時間をかけても、やさしく接しても、Jには勝てないね。
Vも、とても愛情深くて、いつも子供の心配をしている。(彼女の中では、子供はまだちいさいとおもっている)自分はよろよろなのに、そんな時も、最後は
”子供たちはベッドで寝てるかな?”聞くのだ。

”ダイジョウブ。み~んな、ベッドで寝てるよ”というと安心して寝る。

そんなV親子の光景を見て、ほんとワタシは親不孝者だな。。。。と。
こんな遠くに来てしまって、もしかしたらおかーさんの死に目にも会えないかも。
でも、最近は、

どんなことをしていても、もし、おかーさんが、こういう状況になったら、最後の何ヶ月かは日本に戻って、こういう風に介護してあげたいなと思ったのでした。
[PR]
by may0521a | 2008-03-10 23:55 | CNA

読めねーYO!

仕事が一段落すると、CNAはチャートとかシフトリポートを書かなくてはいけない。
特にシフトリポートは、Resident一人ひとりなんだけど、何してたか、とか、気になることとか、まあ、Observation。
シフトに入るときは、口頭で前のシフトからリポートを聞くけど、その後は、このシフトリポートに目を通すのです。

問題は、

字が汚くて読めねーYO!



ほかのところで働いたことのある同僚が、”いまどき手書きなんて。。。”といってた。今は、チャートもリポートもパソコンでちゃちゃちゃっとうち込んでいるらしいですよ。

うちは、すごいおーるどふぁっしょんスタイルなのでしょうか。。。
ここがはじめて働いたところなので、こういうもんだと思ってましたが。。。。


とにかく、そろいもそろってほんと字が汚くてね、アメリカの方は。
ほんと何書いてあるのか、わからないときもある。

病気とか、具合悪いとか、何が悪いとか、そういう時はほんと困る!(一応Oralでリポート聞いてるのでOKですが)。
でも、なんも問題ない人で、たいしたことじゃなさそうなら、そのシフトリポートは読みません!っていうか、ほんと読めないから。。。

その中でも最強のやつがいて、ほんと、ほんと、ミミズがはったような字なの。フツーじゃないの。ほかの同僚も”あの人の字は読めない!”って言うの。

そんな彼女に、”ねえ、ボスにメモを残すんだけど、これで内容いいと思う?”と確認を頼まれました。(サイアク)

案の定、何かいてあるか、何の話かさえ、わかりませんでした。あまりの字の汚さに。。。。
なので、ぜんぜんわからなかったけど、
”いいんじゃん”と言っておきました。。。。(笑)


日本は、字が汚いと、恥ずかしいっていうか、ペン字とかさ~そういうのあるじゃん。
こっちはそういうのないのかな?

字はその人の知性を表す!なんていうの…日本だけ??

ほんと、困ります。。。
[PR]
by may0521a | 2008-03-10 12:49 | CNA

ほっぺにちゅっ♪

うちの施設では、Residentsたちは一週間に一回のシャワーの日がある。
一週間に一回!!!!

風呂に時間があれば、2度でも3度でも入ってしまう私には信じられない。
うちのウィングは12人なので、計算すれば、一日2人、それも朝一人、夜一人のシャワー介助でよい。
シャワー介助は特に神経を使う。というのも、シャワー浴びてくらっとする人とか、滑ったりしないようにとか、そんなことに気を使うから。

バスタブとジャグジー風呂もあるけど、たった一人しかジャグジーに入らないので、ほとんどシャワー。その週一のシャワーでさえ、嫌がるおばーちゃんも多い。

なんで、なんでよ!??

前置きが長くなったが、2週間に一回の火曜日勤務のときは、Gというじーちゃん(前回のじーちゃんとはちがうGというじーちゃん)のシャワーを担当。

このGは、92歳ながら、ほとんど自分でなんでもできる。
ぷらす、じーちゃんながら、かなりグッドルッキングなのだ。なので、夜のPMケアもIndependentといって、介助なしの人。

ほんと、こーいうふうに年取りたいね~という見本みたいな人。

でも、やはり初期のアルツハイマーなので、話してると、やっぱ”ん?”と思う。

どんなにIndependentの人でも、シャワーのときは、絶対ついていないといけない。

最初、”あんたがワタシのシャワー介助?”と気恥ずかしそうだった。。。。
(っていうか、前もこの前もしてるじゃん!)

シャワー終わった後は、
”あー気持ちよかった”と言っていたので、私もそれは満足。
シャワー浴びる日は、そのResidentの部屋の掃除、掃除機、洗濯物、ベッドリネンチェンジなので、すべて終わって、
”はい、これで終わり”というと、

”ありがとう”と言われたけど、その後、まさかのほっぺにちゅっってされたよ。

ほほやおでこにちゅっとするのは、私が女性Residentsによくやることだが、
まさか、Gにされるとは。。。

まあ、ちょっと嬉しかったかな。
しぶくて、かっこいいし。(笑)
[PR]
by may0521a | 2008-02-29 03:29 | CNA

我慢、我慢。。。。。

うちの施設のじーちゃんで、ホスピスケアを受けているGという人がいる。
最初は、私の顔を見ると、”第二次世界大戦”とか”ジャパニーズ”とかいうじーちゃんだが、ワタシも働いて1年。慣れたらしく、素直にケアを受けるときも多い。

それってまったくGの気分次第。といってもアルツハイマーなのでね。
はっきりいって、Gは大好き!笑えること言うときもある。(本人いたってまじめですが)

しかし、今日はレポートによると朝からUp and Downを繰り返している。いつもほとんど寝てる人なのになあ。

そんな感じで、夜も激しく混乱。

アラームがなったので、走っていってみると、Gがドアの外にWalkerなしであるっている。
”G,ちょっと部屋に戻って”というが、彼はやせてるけど超長身。
無理にすると、転んだりして危険なので、なだめながら、そろそろと部屋に戻すが、何を言っても聞いてくれない。

言葉もやけに命令口調。
”電気を消せ!”とか
”水を止めろ!”とか。。。。。

やっと、部屋の中のトイレに連れて行くが、何をいっても聞いてくれず、
挙句の果てに
殴ろうとしたり、そばにあるローションをとって、”お前の頭に塗ってやる”とか。。。

はあああああ~~~~~(ため息)


プラス、
Gに何言われたと思う???


YELLOW SLAVE!!!!

とかいわれたんですよお~~~~~(怒)


あまりにむかつき、

”今、なんていった???!!!”って聞いたけど、さすがにわるいという気持ちはあるのか
繰り返しませんでした。


その後、
”殴るぞ”といわれても
”じゃあ、やってみれば?そんなのこわくないし”
という断固たる態度でベッドにやっと戻しましたけど。


働き始めの私ならちょっとYellow Slaveはショックだったかもしれないけど、今は、ほんと
なんとも感じません。(ちょっとむかついたけど)
なんといっても、病気が言わせているのだし。
何とでも言ってくれ・・・という感じよ。(笑)

アルツハイマーUnitで働いている人に以前聞いたところ、”毎日がほんと戦いみたいなもん”と言っているのを聞いたことがあります。
うちはアルツハイマーでも、あんまりそんなことはないのですが、
今日は久しぶりに、そんな気分を味わいました。
[PR]
by may0521a | 2008-02-25 14:01 | CNA
昨日のPetitionの説明会の時のこと。

会場はすごい人がいた。最近、アメリカは不景気で、手に職を!と思う人も多くなり、ナースといえば、大変な仕事であるが、給料もいいということで、アプライするひとも年々多いそうである。

Associate Deanが、

”この中で、CNAとして働いている人はどのくらいいるのかしら?手を上げて”と聞いた。

ワタシを含め、結構手を上げている人がいたよ。

Deanは、ちょっとCNAのことについて話し始める。。。。。

ウィスコンシン州のナーシングに入るには

”必ずCNAのクラスを終了すること”が義務である。(州テストを受ける必要はないが)

CNAを課しているわけは、CNAはナーシングの基本であるからであり、
DeanももちろんPH.Dを卒業している元ナースであるが、自信もCNAとしてはたらいた経験もあり、それを通して、患者との接し方、ナーシングの基本、またRNとして働くようになってからもCNAへの接し方考え方など、とても勉強になったそうだ。
そして、うちらにCNAとして働くことを薦めていた。

ワタシは、ガイジンで言葉もネイティブじゃないし、自信ないし。。。ということで、CNAからはじめたが、もしこれが日本だったら、看護助手から始めるなんてはっきりいってありえない。
一応”なんでワタシが看護助手から?一応大学出てますけど(←意味不明)”と傲慢な態度だったと思う。そうやって、なんとなく看護助手って低いレベル・・・という思い込みがあったと思う。

しかし、今、自分がこうやってガイコクにきて、今まで低レベルと思っていた仕事をし始めて、
虫がいいけど、”そうじゃないな”って感じた。
Residentへの接し方、最初は”どうしよう”と思ってたけど、今では抱きついちゃうぐらいだし、いやな事いわれたとしてもあまり考え込まないし。(時には怒鳴られたり、ニホンジンとか言われたり・・することもあるけど、痴呆症という病気なのだから、いちいち落ち込んだり怒ったりしないかなあ)
今、この人にはどんな態度や言葉が必要なのかということも考えられるようになった。ケアにしても、ほんとオムツ替えるのも、ぜんぜん抵抗なし。すばやく、きちんとできるようになったと思うし、判断力もついた。

そして、そういうことがわかった今では、きっと将来LPNになれたとき、CNAという仕事を理解して、一緒に働けると思った。
もし、最初からLPNだったら”自分とは立場が違う人。やっていることがぜんぜん違う人”と思ったに違いないが、今だったら”やっていることはちがっても、おんなじだねぇ~”みたいな。

また、うちは施設が小さいので、お掃除してくれる人はいなくて、トイレ掃除からResidentsの洋服の洗濯、部屋の掃除、な~んでもCNAの仕事だ。ほんと、うちは何でも屋。
そういった仕事までしていると、CNA以外の世の中のどんな汚い、いやな仕事も、社会ってこういう仕事からも成り立っていると感じる。そして、お金を得るために、こういうこともしなくちゃいけない仕事なんだと思えてくる。そう思うと、隣の大型老人ホームに行くたびに、出会うお掃除(として雇われた)のおばさんにも気軽に挨拶できる。

この年になって、そんなことも学ばせてもらった。恥ずかしながら。
(だからって、今までがとても傲慢でいやなやつだったわけではないと思うが)


なので、CNAとして、このDeanのいっていることはとても理解というか共感できた。
なので、働くとか働かないは別にしても、ウィスコンシン州がCNAのクラスを義務化していることはとてもいいことではないかと思う。
[PR]
by may0521a | 2008-02-22 01:23 | CNA

2週間に一回のこと。

今日は2週間に一回の、一日学校&お仕事の日でした。

朝8時半から11時半の授業のために朝6時半におきて、Aceの散歩して学校の用意をして、
お昼前に帰ってきてAceの散歩して、2時から仕事開始。

夜10時に帰ってきます。
この日はなぜかお仕事も結構大変な日なので、すっごい疲れますョ。

薬をResidentsに上げるのですが、
あるおばーちゃんは拒否。”なんで、薬を飲まなきゃいけないの??”と頑として飲んでくれない。。。(涙)
ベテラン同僚に頼んだら、あっさり飲んだりして
”ちくしょーっ”とか思ったりもした。

ほんとは、仕事と学校一緒の日はいやなんですが、今期どうしてもそうなっちゃって。
Aceもかわいそうだから本当はいやなんだけど。

なので、2週間に一回のことではありますが、ほんっといやです。

学校にはCNAをやりながら学校に来ている人もたくさんいます。
ワタシのクラスメートなんて、病院にフルタイム週40時間働きながらA&P取ってる。。。

ワタシは、それできないな。。。本人もまあ、大変って言ってたけど。
彼女はいつもスクラブ着てきているから、クラス後は仕事だとおもう。

アメリカでびっくりしたのは、結構仕事と学校を両立しているひとが多いこと。
それもフルタイムで働きながらというひとも珍しくない。

すっごいバイタリティだなあと思う。ワタシはできないけど。

とにかく、今日は疲れた!!!!!!
何もしないで(というかできない)寝よう。。。。
[PR]
by may0521a | 2008-02-13 14:15 | CNA

お化粧も大事。

うちの施設の夕飯は4時である。
はやい!はやすぎる。

3時半ごろになると、昼寝をしているResidentsたちを起しにいく。
Fというおばーちゃんをおこしに行って、”あと30分でごはんだから、用意できたら食堂に来てね”と言ったのだが、4時になってもなかなかこない。

見に行くと、トイレで、ちゃんとリップをぬって、粉を顔にはたいているところだった。

そして、後に食堂に来たFは、ちゃんとイヤリングまでしていました。
す、て、き~~~♪

・・・・こちらのおばあさま方にしては、珍しいです!ちゃんと、みなの前に出る前にお化粧する人。
でも、それって大事なことだと思うよ。

ワタシ、時々、もっとお化粧とかしてあげればいいのに。。。と思う。
お化粧というより、もっと眉を書いてあげるとか、ちょっとリップをぬってあげるとかね。

それだけで、ぜんぜん違うし、なんといっても、老人でもちょっとしたおしゃれ心はなくしてはいけないと思うのね。そういう気がない人でも、CNAがちょっとリップぬってあげるだけで、もしかしたら彼女たちの心が華やぐかもしれないし、やはり、家族がみて、嬉しいとも思うのだが。

ワタシは、昼ねしたおばあちゃんたちを起すときは、かならず、髪を直して、リップがあれば勧めてみる。今は亡き、ワタシのお気に入りのDなどは、普段忘れているけど、”はいっ”ってリップを渡すと、パーキンソンで小刻みに震える手で、一生懸命鏡に向かってリップをぬっていたなあ。。。
[PR]
by may0521a | 2008-02-11 00:46 | CNA

早くも一年。

2月は働き始めて一年がたつのです。
なので、ボスから一年目のEvaluation。

査定はべつにどーってことないというか。

ただ、もう一年経つんだ~とびっくり。時の速さに!!!
一年前と比べると、きっといいCNAになっていると思うんですが。。。どうでしょう?

とりあえず一年は区切りですね。無事に一年働けたことを感謝しないと!
ここでいつまではたらくかは不明ですが、やはり初心を忘れず!というのを教訓にしよう。
仕事はすばやく、確実に。

しっかし、アメリカに”初心わするべからず”なんて教訓あるのだろうか?
あまりアメリカで、ことわざとかそういうのあんまりしらないけど、いまさら思うに日本には”なるほど~”とおもう教訓がたくさんあるね。
それも、私の場合、大人になって、結構そういう言葉にかんどーしちゃうんだけど。
[PR]
by may0521a | 2008-02-02 14:20 | CNA

風邪引くよ。。。

最近ほんと眠くて眠くて。。。

やることいっぱいなのに、すっごい眠い。たぶんA&P(こればっか)のことで毎日頭がいっぱいで、プラス学校がある日などは授業受けるだけで疲労困憊なのです。
きっと、精神的にプレッシャー感じているのです。精神疲労が肉体疲労よりぜんぜん疲れるね。
なので、ほんと眠いのですよ、毎日。

仕事の日は、結構好きです。というのも、仕事しているときは勉強しなきゃ!というプレッシャーがないんですねぇ~。
去年は仕事でぶーぶー言っていましたが、学校でいっぱいいっぱいのワタシは、仕事に対する不満も消えてしまいました。っていうか、どーでもいい、仕事の不満なんて。(笑)
仕事も早く終わって暇~なんてぼやいてたけど、いまでは、早く終わってソファでくつろいでたい。(笑)

さて、先日、Gというおじーちゃんのシャワー介助をしました。
Gは最近入居したんだけど、90歳なのにすごいかっこよくて、介助はほとんどいらないし、頭もしっかりしているし、服装もきちんとしているの。
同僚たちは”90歳であんなだったらいいよね~”と言っているけど、ほんとそう思う。

Gをシャワー介助していて、シャワーの温度がOKか聞いたところ、ほぼぬるま湯程度がいいという。日本人だからか、”あっつい風呂、あっついシャワー”が好きな私は、すごい信じられない。
”これぐらいでどう?”と何度もきくが”熱い、熱い”といいつづけ、最終的には(ワタシには)水かよ!と思うぐらいの温度が”ちょうどいい”と納得してくれた。

こういうのGがはじめてじゃなくて、ほかの人たちも結構ぬるめのお湯じゃないと”これじゃ熱すぎる”というのだ。これじゃあんた、風邪引くよ。といいたいぐらいの温度なのだが。

ちょっとびっくりしたかな。これもカルチャーショックなのか?それとも、年を取るとぬるめの湯がすきなのか?
[PR]
by may0521a | 2008-02-01 11:07 | CNA
ひさしぶりのお仕事でした。。。。


何人かのResidentsは結構頭がしっかりしているので、
”日本はどうだった?”とか”しばらく顔見なかったね”といわれました。

ワタシも久しぶりに会うと、結構嬉しいです。なので、Hug,Hug,Hugの嵐。

Eというおじいちゃんは、すっごいワタシのことを気に入ってくれて、いつもよくお話するのですが、彼には約束どおり成田についてすぐポストカードを送りました。

緑茶が大好きな彼に、”湯のみ”を100均で買ってきてあげたのですが、100均なのに、すっごい喜んでくれた。早速キッチンにそれを持ってきて、”おちゃちょうだい”とお茶飲んでた。(笑)
いつもリプトンのグリーンティーをのんでいるんで、今回はおちゃっぱをもってきました。

マグカップに比べると薄いので、持つのが熱かったらしいが、”そこの丸いところは熱くないんだよ。だからそこをもってもう片手は横に添えるの。”と教えてあげたら”なるほどね~”といっていました。お茶を飲んでいる姿はまさしく日本の老人。(笑)
そんな姿でさえも、日本を思い出させました。

もう一人のおばあちゃんには、今年の干支である”ねずみ”の小さな置物。屏風&乗せる台付き
ちっこくて、金色でかわいいのです。こんなの要らないだろうなとおもいつつ、何かっていいかわからなったのでかっちゃったんですが、意外に受けた。彼女の部屋に来る人すべてに、”これAkikoからもらった日本のおみやげ。ねずみがかわいいでしょ?”と言っていた。なので、同僚からも、”Tにあげたねずみかわいい~~”といわれました。

”今年のゾディアックはねずみなの。今年一年間飾っていると、幸運を運ぶよ”と言ったら、ほんと喜んでいた。やはりアジアちっくなものは持ってないし、もの珍しかったのかな~。
付け加えて、”ゾディアックは12年サイクル。次のねずみ年は12年後。だから、もう12年生きて、また飾ってね!”といったら、”そんな生きられるかな?”といってました。

とにかく、日本のおみやげに興味深々だったらしいです。
同僚には、デパートでうっているようなファンシーなお菓子の詰め合わせ。
まず、お菓子の箱が綺麗に包装されていることがびっくりらしい。(笑)
そして、綺麗に並んだお菓子にも。(笑)

ちょっと、お土産代に結構かかってしまいましたが、それもしょうがないかな。
今年もとりあえずがんばって仕事したいです。
[PR]
by may0521a | 2008-01-28 00:55 | CNA