CNAとしてのお仕事&LPNを目指す日記


by may0521a

Eating disorderのサポートグループに行ってみた。

Developmental Psycのプロジェクトは自分の選んだ病気などのBroshureをつくることで、以前”夜尿症”にしよう!と早速決めていたのであるが、

1;がっこーの図書館にほとんど文献がない
2;その病気のサポートグループに参加などし、Broshureにコミュニティヘルプとして、そういうグループの紹介を載せろといわれている。夜尿症はネットのサポートグループはあるが、そんなに盛況でないし、コミュニティにはこのサポートグループがなかった。

という理由で、やめた。
個人的に面白そうだと思っていたけどなァ。ほかの人に聞いてみると、サポートグループなんかいかないよ~資料はネットで探すだけ!というひとも多かったが、BroshureのCredibilityをあげたかったのと、先生が何度もコミュニティのサポートグループは大事というのを聞いて、
いろいろ捜してみると、目に留まったのがEating Disorderのサポートグループは近くの病院で月1サポートグループが開かれているらしい。
せっかくいままで順調にきたので、このプロジェクトもできるだけいいのをつくりたい。

まあ、ありがちかと思ったが、Anorexia(拒食症)で行ってみるかと決め、文献もあって、
5日の夜にこのグループにいってみようかと思ったのが2週間前。

夜6時半からなのだが、気温はもうしんぐるでぃじっと。(笑)
何度もやめようかと思ったが、まあ、でかい病院に行ってみるのもおもしろいかなと思い、行ってみた。

うけつけのおじさんのいうとおりに進んでみて、部屋をのぞいてみると、おじさんばかり。
部屋の前にはってある紙をみたら断酒会(AAだっけ?AAA??)だった。(笑)
どうりでおじさんが多いわけね。

大きい病院なので、やっとたどりついたが、今日はゲストスピーカーがきているらしく、それも、Music Theraphyの方だった。
6人ぐらいの若い女性ばかりがいた。なんとなく神経質そうにみえるのは、Eating Disorderの会と知っているからの先入観だろうか?

いろいろしゃべらされるかと思っていたのだが、意外にも名前だけおたがい紹介し、Eating Disorderのことはだれもなんも話さず。

ミュージックセラピーって、最近よく聞くけど、ゆったりとした音楽を聞きながら、深い呼吸をする。リラックスしながら、深い呼吸をし余計なことを考えず、呼吸のことだけ。

な~んとこれが、すごいリラックス。太ももにかるく置いた手や、足の裏も床についつくような疲れているとき寝ると感じるような、なんか吸い付く感じ。

なんか眠くなっちゃってさ・・・

呼吸法にもいろいろあって、腹式呼吸で音楽に合わせたり、鼻で呼吸したり、いろんなのがあって、またそれもいろんな説明があって、”なるほど~”と思ったよ。

さっきいったようにEating disorderの話は一切せず、この病気はMentalな部分にかかわるものなので、ウツになるひともおおいし、気分が沈む人もおおい。そういうときに、リラックスをして、”自分は強い、自分には愛してくれたり、ささえてくれる人がいるよ”ということを再確認して、この病気に立ち向かうということみたいだ。(アメリカっぽい。。。)

結局、私もEating Disorderの問題を抱えている人の一員として思われたかもしれない。

でも、ミュージックせらぴーというのをはじめて体験したが、
思ったのは、たまたま学校のために参加したものだが、世の中には私がしらない、興味深いことがおおい!!!!ということ。今回のミュージックセラピーも”なるほど・・・”と何度思っただろうか?

私の場合、まあ、深入りはしないけど、とても勉強にあったね。こういうのもあるのかな~って。
もっともっと知らないことを体験してみたいなあ。それは、ほんといつ起こるかまったくわからないんだけどね。今回もほんとたまたま。
人生って経験してなんぼって感じだよね。

そんな感じでグループを後にしましたが、”よっっしゃっ。これで、プロジェクトも自信もって作れるかも・・・”と思った夜でした。

まじ、寒かった。。。
[PR]
by may0521a | 2007-12-07 04:37 | その他