CNAとしてのお仕事&LPNを目指す日記


by may0521a

苦手な人って、実は・・・

あと3週で終わる夏セメクラス。
終盤で最後はグループプレゼン。

うちのチームは5人。その中にターニャ(以下T)という人物がいる。
この方、RN(正看護士)のプログラムに入るべくPrerequisiteをとっているのだが、なんかときどきいる強くて、明るくて、タフな(同じか?)典型的アメリカ人女性だ。

バンバン思ったことをいう。(クラス内で)
リーダーシップがある。
仕事をもっていて、さらにRNになろうという夢がある。
人に好かれやすい。(いつも回りに何人か友達が取り巻いている)
言っていることが頭がいいと思わせる発言。
即興で5分のプレゼンができる。(内容も結構いい)

そのうえ、結婚していて、子供もいる。
週末はよく子供といろんなところにいって楽しんでいるらしい。

まあ、おなじような状況の人は数あれど、なんとなくそばにいると圧倒されるような人だ。
実は、私この人が苦手だと感じている。
別に嫌いじゃない。
でも、苦手・・・

私自身はあまり自己主張しないで、まあ、思ったことがあっても「いわなくてもいいか」なんて思っちゃう性格だし、あがり症なんで、即興5分プレゼンなんて・・・
まして、仕事も子供もいて、さらに勉強なんて私はできない!
人はいろんなタイプがいるが私はそういうことができないタイプなのだ。犬で精一杯・・・

そんなことを考えながら、犬2匹と草原をあるいていて気づいた。

・・・・実は、自分はT にあこがれているのでは・・・??
心の中では、T のような人になりたいのに、まったく正反対だから自分が嫌になって、T のそばにいるのが苦手なのかも。。。

う~ん、なんて卑屈な私。(笑)
嫌いじゃないんだから、苦手レベルで考えると、こういう理論も成り立つなぁ・・・と。
確かに、T のすごい点を書いてると、実はそれがうらやましい自分なのかもしれない。

苦手な人物と理想の人物は、時には一致するものかも・・・

Hummmmm.........
[PR]
by may0521a | 2007-07-18 02:28 | 学校