CNAとしてのお仕事&LPNを目指す日記


by may0521a

Ace,老人ホーム慰問。

今日は仕事はOffでした。午後宿題を終えて、夕方Aceを私の働く老人ホームに連れて行きました。
というのも、うち(施設)は、猫飼っているぐらいなので、犬などの訪問にかなり寛容。先週もボスが自分の飼い犬(ゴールデン)つれてきて仕事してたし、夜シフトの人は自分の犬連れてきてた!

アクティビティ担当のDに聞くと、犬の訪問は入居者にとてもいい影響を与えるから、狂犬病のレコードさえ、提出すればつれてきていいよと言われた。なので、2週間前にそれをDに提出した。
Dに「Dogセラピーってなにがいいの?」ときくと、もちろん老人が動物に触ったりすることで、リラックスしたり、優しい気持ちになれたりすることがとてもいいらしいのだが、ほかにも、犬をきっかけに話が弾むことだという。たとえば「あなたは犬を飼っていた?」から始まって、「どんな犬だった?」「大きな犬だった?」とかそこから話が発展し、老人の話す意欲や考えることにつながるという。

うちには、定期的にDogセラピーの犬がきたりする。昨日も小さな白いテリアが来てた。時にはゴールデンも来たりもしてた。
でも、ボランティアの方はやはり入居者についてあまり知らないし、話も弾んでいなく、むしろ犬をなでさせているだけの気がした。(それでも十分よいのだが)
私は、一応名前は覚えられてないものの、彼らは私を知っているし、私も彼らを知っている。
なので、気軽に話せた感じ~。

うちのAceは気質も穏やかで、人が大好き。おとなしいし、きっと、Aceもうちの入居者の役に立てるだろうと思ったのだ。今日連れて行ったのは、犬好きの入居者E(男性)と、「うちのでかい犬をきっと連れてくるよ」といった約束をしたからだ。

夕方、入居者のご飯が済んだころ、Aceを連れて行ったら、入るなり、みんなびっくり~。
「大きい!」「ゴージャス!」を連発。ゴールデンよりも大きい85ポンドのシェパードがここに来るなんて、きっと施設OPEN以来初めてだろう。(笑)
大きすぎて、みんな怖がると思いきや、普段おとなしいB(女性)でさえ、珍しくよってきて「かわいい」を連発。Aceをなで始めた。「おっ、B。犬のなでられてうれしいところを知ってるね?犬飼ってた?」ときくと、「犬のいない人生はなかったわ~」と満面の笑み。

とにかく、Aceが大きすぎたらしく、かえってみんなの興味の的に。Aceはおとなしく、なでられて気持ちよさそうだった。同僚も「Akikoがこんなでっかい犬を飼っているなんて!」とびっくりしたらしいが、Aceをつれて、部屋にいる入居者を回っていた。

気持ちがいい天気なので、みんなでテラスでAceとのんびり~♪
相変わらずAceの質問には限りがなく、また、彼らの犬の話などで盛り上がった。
Ace、みんなに愛想振りまいていた。
帰るときは、一人一人に「Ace,Say good bye to ○○」といって挨拶させたのだが、時には、かがんだ入居者の前髪をなめたり、大きい男性入居者のひざに立ち上がったり(ほんとはこういうのはだめ)して、みんなの笑いをかっていた。Ace,なかなかやるじゃん。
場の雰囲気がぐっと盛り上がる。

肝心の入居者Eの部屋にも連れて行ったら、大喜び。犬の話、自分の病気の話、くだらない話など、話は尽きることがなく、働いていたら、一人にこんな時間はさけないけど、Offなので、盛り上がりました。

Aceも何か人の役に立つことができるね!
帰りは「Ace,お疲れ様~」と言う感じでした。

また、機会があったら連れて行きたいですね。
[PR]
by may0521a | 2007-06-14 10:29 | CNA